メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

来年度のランドセル商戦スタート 増産、前倒しでじっくり検討

カラフルなランドセルが並ぶ=奈良県橿原市の鞄工房山本で、御園生枝里撮影

 早くも来年度の小学校入学に向けたランドセル商戦が始まっている。人気商品はすぐに売り切れるため、早めに購入する傾向が年々強まり、少子化を背景に購買価格も上昇。ランドセルをとりまく事情を取材した。【御園生枝里】

個性重視 高額傾向に

 ●親子、続々と来店

 3月末、奈良県橿原市の鞄(かばん)工房山本は色とりどりのランドセルを触ったり背負ったりする親子でにぎわった。購入方法はネット販売だけとあって、実物の確認にと週末には昨年の2倍の客が店に訪れるという。愛知県瀬戸市の市田彩実(あやみ)ちゃん(5)は祖母、両親、姉の5人で訪れた。母の美紗代さん(34)は「選ぶのは親も楽しい。長女の時は多くの店を回って本人が嫌になってしまった。今回は店を絞った」と苦笑した。

 2年前までは店頭でも販売していたが、ネット販売で売り切れた商品を買おうとして客が大勢、来店し混乱したので、昨年から切り替えた。今年は昨年より1カ月早めて5月13日から販売する。

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです