メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震2年

「受給者も被災者」 生活保護費不支給に男性憤り

生活保護打ち切りに対して憤りを語る男性=熊本県宇土市で

 暮らし再建のお金を受け取ったために生活保護が打ち切られる--。東日本大震災と同様、熊本地震でもそうした事例が相次いでいたことが明らかになった。約3000棟の住宅が全半壊した熊本県宇城(うき)市の男性(62)もその一人。義援金などが入るたびに保護が不支給となった。「これでは生活保護受給者は義援金を手元に残しておけない。差別ではないか」。男性は憤る。

 大型ダンプの運転手として生計を立てていたが、うつ病を患って働けなくなり、2011年に生活保護を受け…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです