メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏、TPP復帰検討を指示

トランプ米大統領=2018年4月12日、AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は昨年1月に離脱した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰について、米通商代表部(USTR)などに日本をはじめ参加各国との交渉の検討を指示した。ホワイトハウスが12日明らかにした。通商問題で緊張が高まる中国に圧力をかける狙いがありそうだ。

 ホワイトハウスによると、ライトハイザーUSTR代表とクドロー国家経済会議(NEC)委員長が、復帰交渉で米国にとって有利な条件を得られるかどうかを検討する。トランプ氏と12日会談したサッセ上院議員(共和党)は「中国の不正行為を押し返す最善策は、(TPPの)11カ国をリードすることだ」と…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです