メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜

福井県立大大学院で古生物学コース始動

モササウルスの化石レプリカを前に、研究に胸を弾ませる(右から)堀口直人さん、坂上莉奈さん、小布施彰太さん=福井県永平寺町で2018年4月11日、大森治幸撮影

 福井県立大大学院(永平寺町)に、太古のロマンをかき立てる学科コースが新設された。主な研究対象を恐竜とした「古生物学コース」で、化石の発掘が相次ぐ県内の専門機関と提携して調査・研究できるのが強み。1期生として今年度入学した3人は「太古の謎を一つずつ解き明かしたい」などと意気込んでいる。【大森治幸】

 玄関口のJR福井駅前に動く恐竜ロボットが出迎える県は「恐竜王国」で知られる。勝山市内にある約1億2000万年前の地層=白亜紀前期=からは、1989年以降の発掘調査で特徴的な上あごがある草食の「フクイサウルス」の化石が見つかったほか、小型の「フクイベナートル」や鋭い爪を前脚に持つ肉食の「フクイラプトル」が生存していたことが確認された。

 この恐竜を財産として生かそうと、2000年には勝山市に県立恐竜博物館がオープン。同館と研究分野で提…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1265文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです