メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会

奄美をパリで 田中一村作品、海外初公開

パリで展示される「榕樹に虎みゝづく」=田中一村記念美術館提供

 鹿児島県の奄美大島に移住し、島の自然を描いた日本画家、田中一村(いっそん)(1908~77年)の作品が今夏、パリの展覧会で展示される。一村の作品が海外で公開されるのは初めて。田中一村記念美術館(同県奄美市)は「一村の作品がフランスの人の目にどのように映るか楽しみにしている」と話している。

 日仏友好160周年を記念して7月中旬か…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文402文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです