メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解析機器

IoTの「陸王」に 製品化に挑む

ランニング分析機器の製品化を目指す(左から)橘明徳さんと柴内康寛さん=東京都港区で、成田有佳撮影

 ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)を走った元実業団選手2人が、ランニングフォームなどを解析する機器の製品化に挑んでいる。ランナー経験とIoT(モノのインターネット)を駆使して陸上長距離界のレベルアップにつなげ、シューズではなく解析機器の「陸王」を目指す。【成田有佳】

 2人は、横浜市の橘明徳さん(35)と川崎市の柴内康寛さん(32)。橘さんは東北大工学部を経て日産自動車(神奈川)、プレス工業(同)で陸上を続けながら、大学で学んだ金属工学の知識を生かして働いてきた。柴内さんは専修大で箱根駅伝に出場し、卒業後は警視庁(東京)へ。2人は1月のニューイヤー駅伝に出場し、シューズ開発を巡る人間模様を描いたテレビドラマ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです