大阪府立高

内申書誤記載で4人追加合格

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪府教委は13日、今春の府立高校一般選抜入学試験で、茨木市立中学校が生徒132人分の調査書(内申書)の記載を誤ったため、本来合格だった4校の4人の受験生を不合格にしていたと発表した。府教委は4人を追加合格とし、入学を希望すれば手続きを取る方針。

 府教委などによると、茨木市立中学校の進路担当の教師が約200人の受験生の調査書で古いデータを使っていたことが…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

ニュース特集