メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

霞が関

官僚不始末、政権の重荷に セクハラ疑惑追い打ち

財務省の福田淳一事務次官=東京都千代田区の自民党本部で2018年3月12日、長谷川直亮撮影

 霞が関の幹部官僚による不始末が相次いで発覚し、森友学園問題などで苦境にある政権への追い打ちとなっている。12日には財務省の福田淳一事務次官の女性記者へのセクハラ疑惑が週刊誌で報じられ、厚生労働省の福田祐典健康局長がセクハラを疑われるメールを複数回にわたって部下の職員に送信したとして口頭注意を受けた。野党は「安倍政権下で役所が崩壊している」と批判。遅れがちな法案審議にさらに影響を与えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです