メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
霞が関

官僚不始末、政権の重荷に セクハラ疑惑追い打ち

財務省の福田淳一事務次官=東京都千代田区の自民党本部で2018年3月12日、長谷川直亮撮影

 霞が関の幹部官僚による不始末が相次いで発覚し、森友学園問題などで苦境にある政権への追い打ちとなっている。12日には財務省の福田淳一事務次官の女性記者へのセクハラ疑惑が週刊誌で報じられ、厚生労働省の福田祐典健康局長がセクハラを疑われるメールを複数回にわたって部下の職員に送信したとして口頭注意を受けた。野党は「安倍政権下で役所が崩壊している」と批判。遅れがちな法案審議にさらに影響を与えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1063文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  4. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです