メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

羽生、反撃決め先勝 史上2人目の1400勝

 東京都文京区のホテル椿山荘東京で11日から指されていた第76期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は12日午後8時22分、挑戦者の羽生善治竜王(47)が佐藤天彦(あまひこ)名人(30)を97手で破り、先勝した。残り時間は羽生36分、佐藤1分。第2局は19、20の両日、石川県小松市の辻のや花乃庄で指される。

 佐藤の得意戦法の横歩取りを羽生が受けて立ち、1日目から大乱戦となったが、羽生が佐藤の猛攻をしのいだ…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1092文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです