メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

羽生、反撃決め先勝 史上2人目の1400勝

 東京都文京区のホテル椿山荘東京で11日から指されていた第76期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は12日午後8時22分、挑戦者の羽生善治竜王(47)が佐藤天彦(あまひこ)名人(30)を97手で破り、先勝した。残り時間は羽生36分、佐藤1分。第2局は19、20の両日、石川県小松市の辻のや花乃庄で指される。

 佐藤の得意戦法の横歩取りを羽生が受けて立ち、1日目から大乱戦となったが、羽生が佐藤の猛攻をしのいだ。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです