特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を目指すサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

サッカー日本代表

「非常に責任を感じる」西野新監督会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サッカー日本代表の新監督に就任し、記者会見に臨む西野朗監督(右)。左は日本サッカー協会の田嶋幸三会長=東京都文京区で2018年4月12日午後5時1分、長谷川直亮撮影
サッカー日本代表の新監督に就任し、記者会見に臨む西野朗監督(右)。左は日本サッカー協会の田嶋幸三会長=東京都文京区で2018年4月12日午後5時1分、長谷川直亮撮影

 サッカー日本代表の西野朗(あきら)新監督(63)が12日、東京都内で就任記者会見に臨んだ。6月14日に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に解任されたバヒド・ハリルホジッチ前監督(65)の後任。西野監督は緊張感を漂わせながら、「直前でこのような状況になり非常に責任を感じている。しっかり選手を見てチーム作りをしたい」と抱負を語った。

 監督就任を打診されたのは、W杯に出場しないマリ、ウクライナに1分け1敗に終わった3月のベルギー遠征後。このとき、日本サッカー協会の強化責任者である技術委員長だった西野監督は責任を問われてもおかしくない立場だったが、田嶋幸三協会会長(60)から監督就任を要請された。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文528文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集