メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

山下会長、金のスケート小平に「ロス決勝ダブった」

送られた皿を手に、ラシュワン氏(右)と握手する山下氏=2018年4月12日、松本晃撮影

五輪決勝で戦ったラシュワン氏と再会

 1984年ロサンゼルス五輪の柔道男子無差別級で金メダルに輝いた全日本柔道連盟の山下泰裕会長(60)と、決勝で対戦したエジプトのモハメド・ラシュワン氏(62)が12日、約2年ぶりに再会した。ラシュワン氏は山下会長が痛めていた右足を攻めずに敗れたが、五輪史に残るフェアプレーとして語り継がれている。

 東京都文京区の講道館で会談した2人の話題は、2月の平昌冬季五輪に。スピードスケート女子500メート…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです