メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

山下会長、金のスケート小平に「ロス決勝ダブった」

送られた皿を手に、ラシュワン氏(右)と握手する山下氏=2018年4月12日、松本晃撮影

五輪決勝で戦ったラシュワン氏と再会

 1984年ロサンゼルス五輪の柔道男子無差別級で金メダルに輝いた全日本柔道連盟の山下泰裕会長(60)と、決勝で対戦したエジプトのモハメド・ラシュワン氏(62)が12日、約2年ぶりに再会した。ラシュワン氏は山下会長が痛めていた右足を攻めずに敗れたが、五輪史に残るフェアプレーとして語り継がれている。

 東京都文京区の講道館で会談した2人の話題は、2月の平昌冬季五輪に。スピードスケート女子500メート…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです