メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
柔道

山下会長、金のスケート小平に「ロス決勝ダブった」

送られた皿を手に、ラシュワン氏(右)と握手する山下氏=2018年4月12日、松本晃撮影

五輪決勝で戦ったラシュワン氏と再会

 1984年ロサンゼルス五輪の柔道男子無差別級で金メダルに輝いた全日本柔道連盟の山下泰裕会長(60)と、決勝で対戦したエジプトのモハメド・ラシュワン氏(62)が12日、約2年ぶりに再会した。ラシュワン氏は山下会長が痛めていた右足を攻めずに敗れたが、五輪史に残るフェアプレーとして語り継がれている。

 東京都文京区の講道館で会談した2人の話題は、2月の平昌冬季五輪に。スピードスケート女子500メート…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです