メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~19~ 18~19年シーズンのプログラムを見て~レパートリーの中心は20世紀音楽

山田治生

 日本のオーケストラの新しいシーズン・プログラムがほぼ出そろったので、今回は、現在のオーケストラのレパートリーについて考えてみたいと思う。

 2018/2019シーズン(日本では4月から3月までを1シーズンとする楽団が多いが、欧米と同じく9月スタートとするところも増えている)のプログラムを見ての印象は、今やプロ・オーケストラの定期演奏会の中心は20世紀音楽になったということ。そして19世紀音楽はそれなりに多いものの、18世紀音楽はほとんど演奏されなくなっているということ。21世紀音楽はまだまだ少ないという感じだろうか。

この記事は有料記事です。

残り3149文字(全文3415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです