メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~19~ 18~19年シーズンのプログラムを見て~レパートリーの中心は20世紀音楽

山田治生

 日本のオーケストラの新しいシーズン・プログラムがほぼ出そろったので、今回は、現在のオーケストラのレパートリーについて考えてみたいと思う。

 2018/2019シーズン(日本では4月から3月までを1シーズンとする楽団が多いが、欧米と同じく9月スタートとするところも増えている)のプログラムを見ての印象は、今やプロ・オーケストラの定期演奏会の中心は20世紀音楽になったということ。そして19世紀音楽はそれなりに多いものの、18世紀音楽はほとんど演奏されなくなっているということ。21世紀音楽はまだまだ少ないという感じだろうか。

この記事は有料記事です。

残り3149文字(全文3415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです