メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
丹下日出夫のズバッと

G1 中山11R・皐月賞 (日曜競馬)

末脚強力、ワグネリアン

 当日の予報は雨。しかしワグネリアンにとっては力勝負の追い風となるとみた。初戦の上がり3ハロンは仰天の32秒6、続く重馬場で行われた野路菊Sは33秒0。さらに東京スポーツ杯2歳では息の入らないハイペースを中団から突き抜けて圧勝した。休み明けの前走弥生賞2着で連勝は3で止まったが、中山の急坂で推定10秒台のラップを含む33秒7の末脚を駆使している。木曜の事前発表馬体重は458キロ。大きいほうではないが、父ディープインパクトもダービーまでは細身に見えるほどだった。テンションは高めだが、レースでは指示に従順な点…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

  2. 広島土砂災害 3年 刻む碑「三人いっしょ」 娘夫婦とおなかの命 今月、新しいお墓に

  3. しらかば帳 マンホール人気 /長野

  4. 履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

  5. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです