メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃 未明の街に閃光 首都ごう音、市民「これから何が」

複数箇所を狙ったとみられる攻撃後に立ち上る煙=ダマスカスで14日、AP

 【ダマスカス共同】暗闇が広がる未明の街に、巡航ミサイルが次々に着弾、閃光(せんこう)と爆発音が確認された。米軍などによる攻撃を受けたシリアの首都ダマスカスには「これから何が起きるのか」という不安感が広がった。

 14日午前4時(日本時間同10時)すぎ、記者はアサド政権当局者からの電話で「攻撃が始まった」と知らされた。夜明けの祈りを呼び掛ける声がモスク(イスラム教礼拝所)から聞こえている。しばらく…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです