メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうふ屋のある町はいい町だ

/1 千代豆腐店(京都市東山区) 色気漂う路地に肌しっとり

3代目を継ぐ千代直義さん=京都市東山区の千代豆腐店で、五木のどかさん撮影

 豆が好き。大豆が好き。とうふが好き。昔ながらのとうふ屋が残る界隈(かいわい)には、心地よい風情と人情が残る。「とうふ屋のある町は、いい町だ」と声にして、京のとうふ屋を巡ってみたい。

 千代と書いて「ちしろ」と読む。私が千代豆腐店を見つけたのは、底冷えのする1月の夕暮れどき。石畳の向こうに見える「とうふ」の文字が、神々しく映った。私のイメージにある「とうふ屋のある町は、いい町だ」を絵に描いたような、映画のワンシーンにありそうな、京の路地にたたずむとうふ屋さん。

 初めてとうふを買った日、店には年の頃、30歳前後の青年が、店番と仕込みをされていた。とうふ、生ゆば…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1187文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 火災 木造民家から出火 焼け跡から6遺体 仙台
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  4. 仙台住宅火災 「助けて」の叫び声 恐怖で震える近隣住民
  5. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです