メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうふ屋のある町はいい町だ

/1 千代豆腐店(京都市東山区) 色気漂う路地に肌しっとり

3代目を継ぐ千代直義さん=京都市東山区の千代豆腐店で、五木のどかさん撮影

 豆が好き。大豆が好き。とうふが好き。昔ながらのとうふ屋が残る界隈(かいわい)には、心地よい風情と人情が残る。「とうふ屋のある町は、いい町だ」と声にして、京のとうふ屋を巡ってみたい。

 千代と書いて「ちしろ」と読む。私が千代豆腐店を見つけたのは、底冷えのする1月の夕暮れどき。石畳の向こうに見える「とうふ」の文字が、神々しく映った。私のイメージにある「とうふ屋のある町は、いい町だ」を絵に描いたような、映画のワンシーンにありそうな、京の路地にたたずむとうふ屋さん。

 初めてとうふを買った日、店には年の頃、30歳前後の青年が、店番と仕込みをされていた。とうふ、生ゆば…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1187文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. メロンまつり 蛇口からメロンジュース! 福井県産PR
  5. 社説 止まらない書店数の減少 このままでは寂しすぎる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]