メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

大崎市長選/大崎市議選 廃棄物処理巡り舌戦 あす投開票 /宮城

 任期満了に伴う大崎市長選は15日、投開票される。いずれも無所属で、4選を目指す現職の伊藤康志氏(68)=自民党県連・公明党県本部推薦=と、新人で共産党県委員会書記長の加藤幹夫氏(54)=共産党県委員会推薦=の2人が立候補し、東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された廃棄物の処理などを巡り、舌戦を繰り広げている。一連の公文書管理のあり方などを巡る政権批判の影響も注目される。

 伊藤氏は街頭演説で、加藤氏が主張する廃棄物の「隔離保管」を念頭に「先送りしようという意見の人もいる…

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1342文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]