メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

大崎市長選/大崎市議選 廃棄物処理巡り舌戦 あす投開票 /宮城

 任期満了に伴う大崎市長選は15日、投開票される。いずれも無所属で、4選を目指す現職の伊藤康志氏(68)=自民党県連・公明党県本部推薦=と、新人で共産党県委員会書記長の加藤幹夫氏(54)=共産党県委員会推薦=の2人が立候補し、東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された廃棄物の処理などを巡り、舌戦を繰り広げている。一連の公文書管理のあり方などを巡る政権批判の影響も注目される。

     伊藤氏は街頭演説で、加藤氏が主張する廃棄物の「隔離保管」を念頭に「先送りしようという意見の人もいるが、無責任そのもの」と批判。「より安全でより長期的な解決方法として、焼却処理を決定した。世界遺産認定の大崎耕土に美しい農村を作るためにも、早期に解決しなければならない」と訴える。

     伊藤氏陣営は公文書管理問題を「影響を想定しなければいけないが、東京や仙台と大崎は違う」と分析する。応援マイクを握った市内選出の自民県議は「日本中で、大崎ほど(農地を大区画化する国の)基盤整備事業予算を取れている所はない。市長の力」などと援護射撃した。

     一方、加藤氏は共産支持層以外への浸透を図る。個人演説会では焼却処理について「市長は、反対の声にも対応を変えなかった。(焼却場や最終処分場の)周辺だけの問題ではなく市全体の問題。放射能で大地や空が汚されてよいのか、市民一人一人が問われる」と指摘した。

     加藤氏陣営は「市民は共同・野党は共闘」を掲げる。演説会には同市内出身の立憲民主県議が出席し、「加藤さんなくしては(昨年の仙台市長選で今の)市長は誕生しなかった。表に出ないで、さまざまな人をつないだ」と紹介。「伊藤氏では予算を取るため、政権と知事の言いなりだ」と加藤氏支持を訴えた。

     また、市議選(定数30)には、公明2人、共産5人、無所属26人の計33人が立候補した。

     いずれも投票は午前7時~午後7時(旧鳴子町を除く)。開票は午後8時15分から古川総合体育館で。7日現在の有権者数は11万1278人。【山田研】


    大崎市長選立候補者(届け出順)

    伊藤康志(いとう・やすし) 68 無現(3)

     県土地改良事業団体連合会長[歴]自民党県幹事長▽県議長▽小牛田農林高=[自][公]

    加藤幹夫(かとう・みきお) 54 無新

     共産党県書記長[歴]民青同盟県委員長▽党北部地区委員長▽市立古川第二小PTA役員▽東北大=[共]


    大崎市議選立候補者(定数30-33)=届け出順

    結城豊 59 共新

    只野直悦 66 無現

    山口文博 52 無新

    山村康治 69 無現

    木村和彦 62 無現

    佐藤勝 74 無現

    山口寿 60 無新

    後藤錦信 67 無現

    関武徳 64 無現

    伊勢健一 37 無新

    佐藤弘樹 44 無現

    氏家善男 67 無現

    相沢孝弘 66 無現

    小沢和悦 73 共現

    佐藤仁一 66 無現

    山田和明 67 公現

    早坂憂 32 無新

    相沢久義 62 無現

    佐藤仁一郎 62 無現

    佐藤和好 70 無現

    富田文志 67 無現

    加藤善市 63 無現

    遊佐辰雄 65 共現

    八木吉夫 62 無現

    鹿野良太 40 無新

    氷室勝好 74 無現

    中鉢和三郎 55 無現

    横山悦子 64 公現

    木内知子 69 共現

    鎌内つぎ子 62 共現

    佐藤講英 66 無元

    渋谷貞雄 80 無新

    菅原道行 71 無新

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    3. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
    5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]