メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 住民主導ソーラー完成、富岡の遊休農地を有効活用 収益使い双葉郡再興へ /福島

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が大半で解除された富岡町に、「富岡復興ソーラー高津戸・清水前太陽光発電所」(出力約32メガワット)が完成した。放射能汚染によって使われなくなった農地を有効活用しようと、地域住民が計画を主導した。ズラリと並んだ太陽光発電パネルが作る電気を東電などに売り、収益の一部を農業再生や生活再建支援など復興事業に役立てる。

 13日に記念式典が開かれた。富岡町出身で、事業主体の一般社団法人「富岡復興ソーラー」代表理事の遠藤…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです