メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難者の新医療拠点、勿来診療所 医師ら全員地元出身 /福島

 福島第1原発事故で避難を続ける住民のため、双葉郡8町村の広域市町村圏組合は13日、いわき市南部の災害公営住宅・勿来酒井団地に「郡立勿来診療所」を開設した。いわき市で郡民約2万人が暮らしており、昨年12月に同市北部で診療を始めた郡立好間診療所と並ぶ医療拠点となる。

 勿来診療所の施設管理者を務めるのは、郡医師会長で富岡町出身の堀川章仁医師(69)。「避難者のそばに同じ言葉を話す医師がいることが大事。1人30分ぐ…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです