メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊奈忠次

江戸幕府の代官でまちおこし 動画や歌完成、祭りも検討 /埼玉

 伊奈町が町名の由来となった江戸幕府の代官、伊奈忠次(ただつぐ)(1550~1610年)によるまちおこしに力を入れている。功績を紹介する動画やイメージソングの制作のほか、忠次をテーマにした祭りの開催も検討しており、町の知名度アップや観光客誘致を目指す。【鈴木拓也】

 「今も慕われてる 愛され続けてる みんな笑顔にした 代官頭」「ゆうゆうと流れる 自慢の備前堀」--。3月31日に同町小室で行われたイメージソング完成会には500人を超える町民らが詰めかけた。歌詞は公募で寄せられた222点から抜粋し、忠次の功績をたたえる歌に仕上がった。作曲は県出身のシンガー・ソングライター、さ…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです