メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護保険施設

運営基準見直しへ 事故防止県検討会「報告しやすく」 /岐阜

 県内の介護保険施設での相次ぐ死傷、虐待事案の発生を受け、県は13日、事故防止の強化に向けた有識者らによる検討会を設置し、初会合を開いた。検討会での意見を踏まえ、県は早ければ6月にも運営基準の条例や要綱、マニュアルの見直しを行う考え。

 高山市の介護老人保険施設「それいゆ」で昨年7~8月、利用者5人が短期間に死傷する事案があった。県は改善勧告を出し、現在、県警が捜査を進める。また関市の「リバーサイド悠悠」では、入所者への暴行の疑いで介護職員が逮捕され、傷害罪で略式命令を受けた。

 県によると、2016年の県内の老人・介護福祉施設での事故報告件数(岐阜市などを除く)は744件で、…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです