メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンクロス

全面開館 新たなまちづくり、大きな一歩 /宮崎

 延岡市幸町のJR延岡駅前複合施設「エンクロス」が13日、全面オープンし、読谷山洋司(よみやまようじ)市長らが出席して開館セレモニーが開かれた。一度は読谷山市長が開館延期を表明し、市議会の反対を受け入れて翻意するなど紆余(うよ)曲折を経ての開館となったが「市民活動でのにぎわいづくり」を中心市街地に波及させられるか注目の試みが始まった。

 セレモニーで読谷山市長は「少しの懸念として費用対効果の検証があったが、実証実験的に進める。今日は新しいまちづくりの大きな一歩だ」とあいさつ。河野敏嗣知事が「県北のにぎわいの拠点が交通の結節点にできた。議論の積み重ねのうえ、より良いものを築いて」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです