メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奄美群島

「マングローブパーク」世界遺産登録後の拠点施設へ 環境庁が方針 /鹿児島

 鹿児島県・奄美群島の世界遺産登録を目指す環境省は、遺産登録後の拠点施設となる世界自然遺産センターを鹿児島県奄美市住用町の「黒潮の森 マングローブパーク」に整備する方針を示した。

     センターは自然遺産としての価値を理解、体感してもらうための遺産管理の拠点施設。環境省奄美自然保護官事務所の奄美市事務室も開設する。2019年度に予算要望し、その後整備に着手する。

     遺産登録までのスケジュールについては今年6月24日~7月4日にバーレーンである世界遺産委員会で登録の可否が審議される。県は登録に合わせパブリックビューイングを鹿児島市、奄美市、徳之島で計画している。【神田和明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    2. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    3. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 北朝鮮 威嚇のち融和 正恩氏の真意は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]