メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

シリア情勢見極め 軍事行動、英仏と調整

 【ワシントン高本耕太、ロンドン矢野純一、パリ賀有勇】化学兵器使用疑惑があるシリアへの攻撃を検討している米英仏の3カ国は12、13両日もぎりぎりの調整を続けた。主導する米国のトランプ大統領は12日、国家安全保障会議(NSC)を開催。軍事行動の選択肢が提示された模様だが、最終決定には至らなかった。合同作戦の実施を目指す英仏など同盟国との調整に加え、シリアの支援国ロシアの対応を見極めているとみられる。米露による批判の応酬が続く国連安全保障理事会は13日、公開会議でシリア情勢を協議した。

 ホワイトハウスは12日、「最終的な決断は下されなかった。引き続き情報を分析し、関係国と協議していく…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1060文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです