メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

米攻撃備え兵退去 アサド政権、基地や空港から

ダマスカスの位置

 【カイロ篠田航一】在英民間組織・シリア人権観測所によると、シリアのアサド政権は12日までに、国内の主要空港や軍の基地から多くの兵士を退去させた模様だ。首都ダマスカス近郊・東グータ地区で7日に起きた化学兵器使用疑惑を受け、米国などによるシリア攻撃の可能性が浮上していることに備えた措置とみられる。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラは専門家の話として、地中海に面したシリア北西部ラタキア県の基地が、付近の洋上に展開する米艦船から巡航ミサイル攻撃の対象になる可能性があると伝えた。ダマスカス近郊の基地が標的になるとの報道もある。フランスのマクロン大統領は「化学兵器の製造施設」への攻撃を示唆。アサド政権は2013年に化学兵器の廃棄を表明し、以後すべての…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです