メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

シリア攻撃参加を否定

 【ベルリン中西啓介】シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑を巡り、米英仏が検討を進めるシリアへの軍事攻撃について、ドイツのメルケル首相は12日、「軍事行動が行われる場合、ドイツは参加しない」と述べ、シリア政府の化学兵器関連施設などを対象に空爆などが行われても、独軍を参加させないことを明言した。ただし、メルケル氏は、何らかの形で米英仏への支持を表明する考えは示した。

     オランダのルッテ首相も13日、米英仏による軍事行動の検討に「理解」を示す一方、「現時点でオランダの参加は検討していない」と表明した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
    2. チリ 「121歳」の男性死亡
    3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
    5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]