メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対米核リスク除去優先 ポンペオ新国務長官が言及

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領が国務長官に指名したポンペオ中央情報局(CIA)長官は12日、6月初旬までに予定される米朝首脳会談の目標について「米国を核兵器リスクにさらす行動から決別させるため、北朝鮮指導部と合意形成を図ることだ」と述べ、米国に対するリスク除去を優先して追求する姿勢を明確にした。同盟国の日本や韓国への核脅威については言及しなかった。上院外交委員会で開かれた自身の指名承認公聴会で語った。

 ポンペオ氏はトランプ政権が米朝会談で目指す具体的な成果を問われ、「韓国や日本などに戦略的抑止力を提供し続ける必要がある」とする一方、「だが今回の会談の目的は対米の核脅威への対処だ」と繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです