金融庁

スルガ銀立ち入り ずさん融資、被害拡大 「不正行為」関与焦点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サブリースの仕組み
サブリースの仕組み

 金融庁がスルガ銀行への立ち入り検査に踏み切ったのは、同行の融資が、女性向けシェアハウスを展開するスマートデイズの投資トラブルの被害を拡大させた可能性が高いとみているためだ。スルガ銀は、独自の商品や審査基準で他行との差別化を図り、高い収益につなげてきたが、現場に大きな権限を与える経営が裏目に出た可能性が指摘されている。

 スルガ銀は、1980年代に法人向け融資中心の従来型業務から、「リテール(小口)バンキング」に切り替え、個人向け融資に事実上特化するなど独自のビジネスモデルを展開してきた。

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1182文字)

あわせて読みたい

注目の特集