メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海賊版サイト

遮断 漫画の著作権保護、政府が緊急対策 「違憲の恐れ」接続業者反発

知的財産戦略本部会合・犯罪対策閣僚会議の冒頭、あいさつをする安倍晋三首相(中央左)。同右は麻生太郎副総理兼財務相=首相官邸で2018年4月13日午前8時27分、竹内紀臣撮影

 政府は13日、インターネット接続業者(プロバイダー)に対し、ネット上で漫画や雑誌を無料で読める海賊版サイトの接続遮断(サイトブロッキング)を促す緊急対策を決定した。ただ、法的な根拠はなく、「通信の秘密」や検閲の禁止を定めた憲法21条に抵触する懸念もあり、接続業者側は反発している。【高橋克哉、岸達也】

 同日の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議(本部長・安倍晋三首相)で取りまとめた。法整備までの緊急措…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです