メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

ラオスで考えたこと=住友文彦

 先月は香港と東京で恒例のアートフェアが行われた。作品の評価はどのように決まるのか。評価を「価格」に限れば、歴史的な文脈を叙述するミュージアムと新しい商品を求める市場が果たす役割は大きい。つまり「歴史」や「新しさ」のような前進的な時間軸によって評価を保証するのがこの仕組みの特徴だ。

 先日行ってきたラオスの首都ビエンチャンでは、そのミュージアムが残念ながら閉鎖中だった。門には移転の予定と記され、増加する観光客向けに立派な施設を準備しているのかもしれない。眼(め)の前の建物は古く、熱帯植物の旺盛な生命力の横では廃虚のようだった。

 とはいえ、近隣のお寺に入れば独特の装飾や建築様式を十分堪能できる。仏教が生活に深く浸透しているので…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです