メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

ラオスで考えたこと=住友文彦

 先月は香港と東京で恒例のアートフェアが行われた。作品の評価はどのように決まるのか。評価を「価格」に限れば、歴史的な文脈を叙述するミュージアムと新しい商品を求める市場が果たす役割は大きい。つまり「歴史」や「新しさ」のような前進的な時間軸によって評価を保証するのがこの仕組みの特徴だ。

 先日行ってきたラオスの首都ビエンチャンでは、そのミュージアムが残念ながら閉鎖中だった。門には移転の予定と記され、増加する観光客向けに立派な施設を準備しているのかもしれない。眼(め)の前の建物は古く、熱帯植物の旺盛な生命力の横では廃虚のようだった。

 とはいえ、近隣のお寺に入れば独特の装飾や建築様式を十分堪能できる。仏教が生活に深く浸透しているので…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです