メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/1 愛知県・旧富山村 閉校、子供の声消え 「若い世代住めない」

山村留学生の寮で飼われたロバを世話する西井浩隆さん。奥に見える旧小中学校は60年前、住民が寄付を出し合って建設した地元の「希望」だった=愛知県豊根村富山地区で3月

 静岡と愛知の県境を流れる天竜川に築かれた佐久間ダムの岸に、木造民家の集落が点在する。標高1000メートル級の険しい山々を縫う県道を、時折、地元住民の車がゆっくりと走る。離島を除き全国最少人口の「ミニ村」として知られた愛知県の旧富山(とみやま)村。平成の大合併で2005年に豊根村に編入され、208人いた人口は今年3月末、76人にまで減った。

 「僕ら引っ越します」。宿泊施設などを運営する一般社団法人「とみやまの里」に勤めていた西井浩隆さん(36)は昨夏、法人代表理事の山下喜代治さん(66)に転出を申し出た。妻の明奈さん(38)は長女(3)を保育園に預け、働くことを希望していた。6年前に休園した保育園の再開も提案されたが、地区に他の未就学児はいない。仮に再開されても、地元の小中学校は15年に閉校しており、やがては峠を越え、車や電車で片道…

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1581文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです