メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長 再び保釈
縮む日本の先に

地方はいま/1 愛知県・旧富山村 閉校、子供の声消え 「若い世代住めない」

山村留学生の寮で飼われたロバを世話する西井浩隆さん。奥に見える旧小中学校は60年前、住民が寄付を出し合って建設した地元の「希望」だった=愛知県豊根村富山地区で3月

 静岡と愛知の県境を流れる天竜川に築かれた佐久間ダムの岸に、木造民家の集落が点在する。標高1000メートル級の険しい山々を縫う県道を、時折、地元住民の車がゆっくりと走る。離島を除き全国最少人口の「ミニ村」として知られた愛知県の旧富山(とみやま)村。平成の大合併で2005年に豊根村に編入され、208人いた人口は今年3月末、76人にまで減った。

 「僕ら引っ越します」。宿泊施設などを運営する一般社団法人「とみやまの里」に勤めていた西井浩隆さん(…

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1581文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです