メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市ガス・電力小売り自由化

関電・大ガス、仁義なき競争 セット販売、安さVSサービス

電力とガスの顧客争奪戦

 4月で都市ガスの小売り全面自由化から1年、電力の自由化からは2年が経過した。全国で最も競争の激しい関西では、家庭向けに電気とガスのセット販売合戦が繰り広げられている。使用量や使用器具によって料金体系が異なる場合があり、選ぶ側の消費者は慎重な吟味が必要だ。【真野森作】

 「電気とガスをガッチャンコ!」。こんな宣伝文句で関西電力が2月から受け付けを開始したセットの新料金プラン「なっトクパック」。従来型の料金プランで電気、ガスをバラバラに契約しているよりも、「平均的な使用量では年間で合計約1万1500円(約7・9%)お得」などと安さをアピールしている。

 2016年の電力自由化から今年3月中旬までに、60万件以上の電気の顧客を大阪ガスに奪われた関電は、…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文977文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです