メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

[LCC節約術]アジア旅行をお得に楽しむための4つのコツ(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

近年、学生から社会人まで気軽に海外旅行を楽しめるようになってきました。その原因の1つはは格安航空(以下、LCC)。日本でLCCが登場してから10年以上が経過し、今や4人に1人はLCCを利用したことがあるという調査結果も出ています。

 

国内線に乗るような感覚で行けるアジアや、低価格の航空券は誰もが魅力を感じてしまうところ。さらに東南アジアは物価が安いため、トータル予算も低く設定することができます。ゴールデンウィークが近づきつつあるいま、LCCを最大限に活用するコツを本稿で4つに分けて紹介していきましょう。

 

1:行き先は決めなくてもいい

LCCを利用して行くことのできる国は韓国、台湾、香港、シンガポール、ベトナムなどと多くありますが、これらのなかで行きたい国を前もって選ぶ必要はありません。むしろ、これらの行き先があなたを選ぶような感覚で航空券を探すと、旅行計画のワクワク感が倍増します。

 

時期やイベントを考慮して行き先を絞っていくのもいいですが、好条件で絞れば絞るほど航空券の値段は上がっていきます。あえて雨季をねらい、観光客の少ないシーズンに旅をするのもいいでしょう。

 

2:メールマガジンを購読する

LCC航空券をお得に手に入れたいという方は、それぞれのLCCのメールマガジンを購読しましょう。お得な情報をいち早くゲットする方法は、何よりもメールマガジンとなります。

 

新規路線の就航やそれに伴う記念セール、時には1000円以下で航空券を購入できるというラッキーなセール情報が飛び込んでくることもあります。それらの美味しい情報はネットのニュースを見てからや、友人から教えてもらってからでは売り切れてしまっていたり、値段が高騰してしまっていることもしばしば。お得な情報はリアルタイムで受け取れるようにしておきましょう。

3:早く購入すればするほど安いとは限らない

お得に航空券を購入するためにはタイミングが重要ですが、早く購入すればするほど安いとも限りません。例えば、新年であれば必ずと言っていいほどニューイヤーセールが開催されるので、そういったイベントが近ければ待ってみるというのもアリです。

 

また週末は航空券が高くなる傾向にあり、特に金曜日の夕方発、日曜日帰国というのは値段が高くなります。平日中頃の出発とすると値段が下がりますし、週末旅行でも帰国日を月曜日にズラすだけで節約ができるでしょう。

 

4:週末旅行のテーマを決める

行き先が近場のアジアだとしても、週末を利用しての海外旅行は慌ただしい弾丸旅行のイメージがあります。一度の旅行でやりたいこと、行きたい場所などを詰め込みすぎず、何かテーマを決めていれば落ち着いた旅行計画を立てることができるでしょう。

 

例えば、台湾であれば夜市や屋台グルメを堪能する、タイであればオイルマッサージなどリラクゼーションを満喫するなど、欲張らず一つの目的に集中してみてください。その合間に時間があれば観光やショッピングを楽しむ、それくらいの気楽さを持つことができれば短い滞在でもゆったりした旅行になります。

LCCを最大限に活用するためのコツはいかがでしたか。一般的にLCCは初めて利用するときのハードルが高く、一度利用すればリピーターになりやすいと言われます。まだ利用したことのない方はセールなどお得なチャンスをねらって、気軽に海外へ飛び出してみましょう。

 

【関連記事】
ブーム再燃で「キャンプ道具の自作」が話題!! おすすめDIYキャンピングギア3選
【クイズ】これって何て読む? 難読漢字クイズ5問
【入場無料】日本最大級のイタリアフェス「Italia, amore mio!」今年の見どころは? 完全ガイド
柔軟剤で汗臭や体臭も強力消臭! 汗ばむ季節に使いたい「ソフラン プレミアム消臭プラス STRONG」
悩ましいお金の問題……といってもクイズです【計算&常識クイズ】

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです