メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会

証人喚問 真相究明阻む証言拒否の歴史

 学校法人「森友学園」を巡る公文書の改ざんについて、当時財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官は50回以上も「刑事訴追の恐れがある」として国会の証人喚問で証言を拒んだ。その結果、肝心なことは何も分からずじまい。加計学園問題にも新疑惑が浮上し、野党はさらなる証人喚問を求めているが、そもそもルールに問題ありとの指摘が出ている。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1840文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]