メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会

証人喚問 真相究明阻む証言拒否の歴史

 学校法人「森友学園」を巡る公文書の改ざんについて、当時財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官は50回以上も「刑事訴追の恐れがある」として国会の証人喚問で証言を拒んだ。その結果、肝心なことは何も分からずじまい。加計学園問題にも新疑惑が浮上し、野党はさらなる証人喚問を求めているが、そもそもルールに問題ありとの指摘が出ている。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1840文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]