メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英仏

シリア攻撃「正義の力」 化学兵器施設標的 

 【ワシントン高本耕太、カイロ篠田航一、ニューヨーク國枝すみれ】シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け、米英仏3カ国は13日、シリアのアサド政権への軍事攻撃を実施した。トランプ米大統領はホワイトハウスで演説し、シリアの化学兵器関連施設を標的にしたピンポイント(精密)攻撃を命令したと発表した。「3カ国は残忍な蛮行に対する正義の力を行使した」と述べ、「シリア政権が化学兵器使用をやめない限り、対抗手段をとり続ける用意がある」と警告した。

 国防総省の発表によるとシリアへの攻撃は現地時間14日午前4時に開始された。標的は、ダマスカスの化学…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1130文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  4. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
  5. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]