メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

ロシア「無分別だ」 米への強硬姿勢さらに

 【モスクワ大前仁】米国が主体となってシリア攻撃に踏み切ったことにより、アサド政権を支えてきたロシアは厳しく反発している。すでに米露関係は冷え切っているが、シリアへの攻撃が「致命的な結果をもたらす」(露外務省)という警告が顧みられなかったうえ、トランプ米大統領が攻撃に際して改めてロシア批判を展開したことにより、ロシアが米国への強硬姿勢を強めるのは確実だ。

 露メディアによると、米英仏による攻撃を受けて、ロシアのアントノフ駐米大使は13日、「我々はこのよう…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文761文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです