メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城

「鳥の海公園」サッカー場7年ぶり再開 震災で被害

新しく整備されたサッカー場=亘理町の「鳥の海公園」で2018年4月12日、升谷志摩撮影

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県亘理町の「鳥の海公園」のサッカー場が14日、7年ぶりに再開する。

 鳥の海公園は、陸上競技場やサッカー場、野球場などの施設がある総合公園として1976年4月に開園。年間約1万1600人が利用していた。しかし、震災の津波で施設は流失。同町は総事業費約29億円をかけて2015年12月から本格的に再建工事を始めた。防災集団移転促進事業で新規の土地を取得。これまであった陸上競技場やサッカー場などを約500メートル内陸に移設したほか、津波減衰の役割を持つ高さ10メートル…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]