メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城

「鳥の海公園」サッカー場7年ぶり再開 震災で被害

新しく整備されたサッカー場=亘理町の「鳥の海公園」で2018年4月12日、升谷志摩撮影

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県亘理町の「鳥の海公園」のサッカー場が14日、7年ぶりに再開する。

 鳥の海公園は、陸上競技場やサッカー場、野球場などの施設がある総合公園として1976年4月に開園。年間約1万1600人が利用していた。しかし、震災の津波で施設は流失。同町は総事業費約29億円をかけて2015年12月から本格的に再建工事を始めた。防災集団移転促進事業で新規の土地を取得。これまであった陸上競技場やサッカー場などを約500メートル内陸に移設したほか、津波減衰の役割を持つ高さ10メートル…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです