妊娠で高校中退

母19歳、大学生に 社会福祉士の夢へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
この春大学生になった唐澤たばささん=通学する大学のキャンパスで2日、金秀蓮撮影
この春大学生になった唐澤たばささん=通学する大学のキャンパスで2日、金秀蓮撮影

 全日制高校在学中に妊娠して中退し、その後定時制高校で学んだ埼玉県在住の唐澤たばささん(19)が今春、首都圏の大学に入学した。1歳の娘を育てていくために「必ず大学に入りたかった」と言う。社会福祉士として働く夢を実現するための一歩を踏み出した。【金秀蓮】

 妊娠が分かったのは高校3年の春。高校2年から年上の男性と交際を始め経口避妊薬を服用していたが、体調不良で薬をやめた直後のことだった。妊娠検査薬で陽性反応が出たのを確認し、自宅から遠い東京都内のクリニックへ駆け込んだ。

 当初は産むか産まないか悩んだ。交際相手は反対しており「未婚」になることも想像できた。産みたい。でも、子どもが大きくなり、参観日や運動会に父親の姿がなかったらどう思うだろう……。「産むのは私のエゴではないかと思った」

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1019文字)

あわせて読みたい

注目の特集