メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

また幸運ぶ 誤射乗り越え繁殖 島根・雲南

ひなを誕生させたコウノトリ「げんきくん」のペア=島根県雲南市で2018年3月24日午前10時26分、山田英之撮影

 島根県雲南市教委は14日、国の特別天然記念物・コウノトリのひなが市内で2年連続で誕生したと発表した。地元ハンターの誤射で昨年5月、ペアの雌を失った雄鳥(愛称・げんきくん)が、新しいペアを組み、昨年に続きふ化させた。悲劇を乗り越えた繁殖に、地元は「まさに幸せを運ぶ鳥」と驚いている。

 「げんきくん」は、2015年に福井県越前市で放鳥された。雲南市でペアで巣作りし、ひな4羽が昨春生まれた。誤射の後は市内から一時離れたが、昨年11月から再び姿を見せ、兵庫県豊岡市で生まれた雌鳥(…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです