メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震2年

生き埋め5時間、奇跡の救出 3月仕事再開

生き埋めになった救出現場で当時を振り返る豊世さん=熊本県益城町で2018年4月1日、佐野格撮影

 熊本県益城(ましき)町の保育士、豊世美文(とよせ・みふみ)さん(35)は、全壊した自宅の下で生き埋めになりながら約5時間後に奇跡的に救出された。地震後に心の不調を感じ、園児に囲まれる大好きな仕事を続けられなくなったが、1年間の休養を経て今年3月に仕事を再開。生かされた命を見つめ直し、自らの人生を問い直した2年だった。

 2016年4月14日午後9時26分。激しい揺れで自宅の一部が倒壊。豊世さんの上に崩れたドアが覆いか…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです