メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震2年

生き埋め5時間、奇跡の救出 3月仕事再開

生き埋めになった救出現場で当時を振り返る豊世さん=熊本県益城町で2018年4月1日、佐野格撮影

 熊本県益城(ましき)町の保育士、豊世美文(とよせ・みふみ)さん(35)は、全壊した自宅の下で生き埋めになりながら約5時間後に奇跡的に救出された。地震後に心の不調を感じ、園児に囲まれる大好きな仕事を続けられなくなったが、1年間の休養を経て今年3月に仕事を再開。生かされた命を見つめ直し、自らの人生を問い直した2年だった。

 2016年4月14日午後9時26分。激しい揺れで自宅の一部が倒壊。豊世さんの上に崩れたドアが覆いか…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです