メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

比嘉の世界王座剥奪 体重超過、日本選手で初

比嘉大吾=2017年5月20日、手塚耕一郎撮影

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(15日、横浜アリーナ)で3度目の防衛を目指した王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=が14日、東京都内で行われた前日計量で、制限体重の50.8キロをクリアできず、王座を剥奪された。日本ボクシングコミッション(JBC)によると、世界戦での日本選手の計量失敗は初めて。

 比嘉は1回目の計量で上限を900グラム超える51.7キロ。2時間の猶予を与えられたが、再計量しなか…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文589文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです