メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

TPP復帰検討、日本警戒 さらなる市場開放要求も

 トランプ米大統領は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰検討を米通商代表部(USTR)などに指示した。通商摩擦が激しさを増す中国をけん制する狙いがあるとみられ、米国で17、18両日に行う日米首脳会談でも議題に上る可能性がある。だが、トランプ氏は自国に有利な協定修正を復帰の条件としており、さらなる市場開放を要求されかねない日本は警戒を強めている。

 トランプ氏の指示はホワイトハウスが12日、明らかにした。アジア太平洋地域の貿易ルール作りを主導する姿勢を示し、同地域で影響力を増す中国に対抗する目的があるとみられる。加えて、米国の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限や、米通商法301条の制裁措置に対し、中国が米農産物を報復関税の主な標的にする中、輸出拡大を見込めるTPP復帰に前向きな姿勢を見せることで、支持基盤である農業界を安心させようとしたようだ。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです