メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震2年

仮設生活3万8112人

熊本県内最大規模の「テクノ仮設団地」。今もなお多くの被災者が避難生活を送っている=熊本県益城町で2018年4月13日午後、本社ヘリから

首長アンケート 避難生活解消「入居期間の3年では難しい」

 熊本地震で住宅50棟以上が全半壊した熊本県内21市町村のうち、被害が大きかった熊本市や益城(ましき)町など14市町村の首長が、仮設住宅や民間の賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」での避難生活の解消は「入居期間の3年では難しい」と考えていることが毎日新聞のアンケートで分かった。東京五輪関連の建設ラッシュなどで業者の確保が難しく、被災者の自宅や災害公営住宅(復興住宅)の建設が遅れていることなどが要因だ。

 熊本地震は14日で発生から2年となる。熊本、大分両県で、犠牲者は直接死50人と関連死212人、地震…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1006文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです