メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見た目

アザがある、それも私 21歳女性がインスタで顔写真を公開した理由

彩さんがインスタグラムで公開した写真=彩さん提供

 顔にアザがある21歳の女性が写真共有アプリ「インスタグラム」で自身の顔写真を公開し、「見た目」に対する社会の理解を訴えて反響を呼んでいる。写真に添えたメッセージでは「世界中のみんなに、この文章を読んでほしい」と発信し、共感する声が広がっている。

 今月4日に顔写真を公開したのは、千葉県在住の大学4年生、彩さん。生まれつき、毛細血管が異常拡張してアザになる「単純性血管腫」の症状が顔の右半分にあり、幼い頃はレーザーで消すなどの治療を繰り返したという。

 アザは治療で少しずつ薄くなっていったが、治療のたびに顔が腫れることが嫌で、中学1年の時、母親に「治療をやめたい」と告げた。以後、治療はせず、症状は変わっていないという。

気になる他人の視線 近くで顔を見られるのは苦手

 中学や高校でバスケットボールに打ち込むなど活発に過ごしてきた彩さんは「気づかないだけだったかもしれないけど、いじめや差別を感じたことはなかった」という。

 とはいえ、他人の視線は気になる。インスタグラムのメッセージでは「超正直にいうと、人と目を合わせて話すのと近くで顔を見られるのが苦手。笑」「誰かと歩く時、一緒に視線を浴びるから、迷惑とか、嫌じゃないかなあとか実は思ってる。笑」と記した。

 インスタグラムは大学1年の時に始め、今回、1003枚目の写真で初めて顔を公開した。きっかけの一つは「私と同じように顔にアザがある外国人の女性モデルが、インスタグラムでノーメークの顔写真を公開していて、魅力を感じたから」という。今回、公開した写真は小中学校時代の同級生に撮影してもらった。

「世の中、色んな人がいるんだ」と知ってもらいたい

 メッセージでは「今の私が、どうにかして(症状を)消したところで、“単純性血管腫で生まれた事実”というのは消せない。だからこそ、私はあえて(素顔を)出して、自分がそれで何ができるか、“個性”としてどう表現していくかを考える」と自己分析している。

 そして「“世の中、色んな人がいるんだなあ”と、知ってもらいたい。皆知っていれば、見た目によって友達ができない、働けない、とか様々な“見た目問題”が少しは解消されるはず」と訴える。

 彩さんのインスタグラムには「共感して、勇気もらいました」「元々文章とか写真からのイメージでかっこいい女の子だなあって思ってたけど更にかっこよさ増したよ」などの反応が寄せられたほか、見た目に症状のある子どもの親からも相談があった。

 彩さんは「私がインスタグラムに残す足跡に、種が落ち、水が流れ込んで、芽が出て、花が咲いたらうれしいなという思いで投稿しました。予想以上の反響があって、驚いています」と話している。

 彩さんのインスタグラムはhttps://www.instagram.com/aya212lvlf/【伊藤一郎/社会部】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 南北首脳会談 文在寅氏も北朝鮮側へ 軍事境界線またぐ
  4. 南北首脳会談 きょう 北朝鮮、幹部勢ぞろい 韓国、「本気度」を注視
  5. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]