見た目

アザがある、それも私 21歳女性がインスタで顔写真を公開した理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
彩さんがインスタグラムで公開した写真=彩さん提供
彩さんがインスタグラムで公開した写真=彩さん提供

 顔にアザがある21歳の女性が写真共有アプリ「インスタグラム」で自身の顔写真を公開し、「見た目」に対する社会の理解を訴えて反響を呼んでいる。写真に添えたメッセージでは「世界中のみんなに、この文章を読んでほしい」と発信し、共感する声が広がっている。

 今月4日に顔写真を公開したのは、千葉県在住の大学4年生、彩さん。生まれつき、毛細血管が異常拡張してアザになる「単純性血管腫」の症状が顔の右半分にあり、幼い頃はレーザーで消すなどの治療を繰り返したという。

 アザは治療で少しずつ薄くなっていったが、治療のたびに顔が腫れることが嫌で、中学1年の時、母親に「治療をやめたい」と告げた。以後、治療はせず、症状は変わっていないという。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1177文字)

あわせて読みたい

注目の特集