メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本郷塚原A遺跡

前方後円墳から埴輪棺 工人集団「土師氏」埋葬か 藤岡 /群馬

 藤岡市教委は、発掘調査中の「本郷塚原A遺跡」(藤岡市本郷)の前方後円墳から、埴輪(はにわ)を使った「埴輪棺(かん)」が見つかったと発表した。古墳の周溝に並べることが多い埴輪を棺に転用するのは特殊という。埴輪棺は全国的にも珍しく、その多くが埴輪を作る工人集団「土師(はじ)氏」がいた地域で出土していることから、市教委は「前方後円墳と埴輪工人との深い関係性を示す手掛かりの一つになる」としている。【神内亜実】

     本郷塚原A遺跡は、これまでに、埴輪を焼くための「本郷埴輪窯跡」(国指定史跡)▽前方後円墳1基▽円墳3基--が見つかっていたが、窯跡と古墳群との関係は明らかになっていなかった。

     市教委によると、埴輪棺は今年2月に見つかった。縦約50センチ、横約20センチ。複数の「円筒埴輪」を組み合わせて作られ、上下は円筒埴輪の破片が詰め込まれてふさがれていた。人骨は見つからなかった。

     埴輪棺の発見により、前方後円墳に葬られたのは埴輪工人である可能性が出てきたという。ただ、埴輪棺は、▽有力者の墓に入れる副葬品が見つかっていない▽後円部と前方部の中間地点で見つかった--ことなどから、市教委は「棺に埋葬されたのは埴輪工人の近親者の可能性がある」としている。また、棺は小型であることから、子ども用か、1度埋葬した骨を「改葬」した可能性が考えられるという。

     本郷地区一帯は埴輪を作るのに適した粘土の産地で、本郷埴輪窯跡は関東一円に埴輪を供給していたとみられる。さらに、遺跡の南約300メートルには、日本書紀に記述があり、土師氏の祖先とされる「野見宿禰(のみのすくね)」を祭る土師(どし)神社がある。

     市教委は「土師神社、埴輪を作る窯跡、埴輪棺のすべてがそろっていることから、前方後円墳と埴輪工人との関わりは深いものだったと考えられる」としている。

     今後、別の古墳を調査するとともに、埴輪棺と前方後円墳との関連性を詳しく調べる。

       ◇  ◇

     今回見つかった埴輪棺は調査終了後、藤岡歴史館(藤岡市白石)で展示される予定だが、市教委によると「2、3年後になる見込み」という。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    2. JR山田線 最終列車見送る駅長 きょうから5駅で無人化
    3. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
    4. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原
    5. みんなの広場 「原爆落ちろ」叫んだあなたへ=高校生・新貝彩菜・18

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]