メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東武動物公園

観察しやすく 猿展示場改修 /埼玉

 東武動物公園(宮代町)は21日、シシオザルなど8種43頭の猿を飼育、展示する「モンキーワールド」をリニューアルオープンする。14日に来園者向けの内覧会が行われた。

     施設は種類ごとに生息地を再現した展示場で、厚さ3センチのガラス越しに猿を間近に観察できる。広さ2355平方メートル。柵越しだった展示場が老朽化し、昨秋から約半年かけて改修した。

     鮮やかな顔のマンドリルとにらめっこや記念撮影ができたり、シロテテナガザルが枝から枝へ移動する様子を楽しめる。マントヒヒは、二つに分かれた展示場をつなぐ長さ6メートルの通路を勢いよく走る姿が見られる。

     同園は「猿の能力の高さを身近に感じ、知ってほしい」と話している。【上野宏人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
    3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
    4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]