メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

千葉 銚子ジオパーク 大地が醸す地域の魅力 自然と文化見どころ満載

上部と下部で異なる年代の地層が見られる屏風ケ浦=千葉県銚子市で

 千葉県の東端、銚子市は市内全域が、貴重な「銚子ジオパーク」である。国の名勝・屏風ケ浦(びょうぶがうら)など多彩な見どころは「ジオサイト」と呼ばれ、市内の認定ガイドが案内もしてくれる。「銚子ジオパーク推進市民の会」のメンバーと市内を歩いた。【岩嶋悟】

 日本ジオパークが銚子ジオパークを認定したのは2012年である。そもそもジオパークとは--。「ジオ」は地球や大地という意味で、「銚子ジオパーク推進市民の会」の工藤忠男会長(73)が言う。「大地や植物などの生き物、農業や産業などを学び楽しめるのがジオパークです」。地質学的な学びだけでなく、分野横断的な概念のようだ。

 訪れた「地球の丸く見える丘展望館」からは市内が一望でき、その真下にキャベツ畑が広がる。認定ジオガイ…

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1862文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ぐるっと首都圏・旅する・みつける 東京・調布 深大寺 水と緑が豊かな古刹 都心から30キロのオアシス /東京
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]