メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

千葉 銚子ジオパーク 大地が醸す地域の魅力 自然と文化見どころ満載

上部と下部で異なる年代の地層が見られる屏風ケ浦=千葉県銚子市で

 千葉県の東端、銚子市は市内全域が、貴重な「銚子ジオパーク」である。国の名勝・屏風ケ浦(びょうぶがうら)など多彩な見どころは「ジオサイト」と呼ばれ、市内の認定ガイドが案内もしてくれる。「銚子ジオパーク推進市民の会」のメンバーと市内を歩いた。【岩嶋悟】

 日本ジオパークが銚子ジオパークを認定したのは2012年である。そもそもジオパークとは--。「ジオ」は地球や大地という意味で、「銚子ジオパーク推進市民の会」の工藤忠男会長(73)が言う。「大地や植物などの生き物、農業や産業などを学び楽しめるのがジオパークです」。地質学的な学びだけでなく、分野横断的な概念のようだ。

 訪れた「地球の丸く見える丘展望館」からは市内が一望でき、その真下にキャベツ畑が広がる。認定ジオガイ…

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです