高校野球

春季近畿地区県大会 膳所降し虎姫が2回戦に進出 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 春季近畿地区高校野球県大会(県高野連主催)が14日開幕し、彦根市の県立彦根球場など3会場で1回戦7試合が行われた。第90回記念選抜高校野球大会に21世紀枠で出場の膳所を破った虎姫などが2回戦に進出した。高島-石山は延長十三回から大会史上2回目のタイブレークに入り、高島が十四回で試合を決めた。タイブレークは2015年度から春季大会に導入され、今夏からは夏、秋の大会でも採用される(いずれも決勝は除く)。

 15日も3会場で1回戦7試合がある。【成松秋穂】

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文865文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい