メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂の美術館

砂で世界旅行・北欧編 大自然×ファンタジー 11期展示始まる /鳥取

北欧の世界が表現された砂像が並ぶ会場=鳥取市で、阿部絢美撮影

 「砂の美術館」(鳥取市福部町湯山)の第11期展示「砂で世界旅行・北欧編~美しい大自然と幻想的な物語の世界へ~」が14日、オープンした。多くの観光客がスマートフォンを片手に、壮大かつ繊細な砂像を撮影し、魅了されていた。来年1月6日まで。

 世界9カ国から来日した砂像彫刻家19人が北欧にまつわる22作品を制作。北欧の自然や動物のほか、「人魚姫」や「マッチ売りの少女」などの物語の一場面を表す砂像が並んだ。フィヨルドの風景を作品にし、その上空にオーロラを出現させるなど、昨年…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです