メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

新ペアひな2羽、誕生 雲南で2年連続 雌誤射死の地元に喜び広がる /島根

誕生したコウノトリのひな(左の親鳥のくちばちの先に2羽)=島根県雲南市で、同市教委提供

 雲南市教委は14日、国の特別天然記念物・コウノトリのひなが市内で2年連続誕生したことを確認した。地元ハンターの誤射でペアの雌鳥を昨年失った雄鳥(愛称・げんきくん)が、別の雌鳥と新しいペアになって、ふ化させた。誤射の悲劇を乗り越えての繁殖成功に、鳥類の研究者も「まさに幸せを運ぶ鳥」と驚いている。少なくともひな2羽をふ化させ、繁殖を成功させた。

 雲南市教委によると、「げんきくん」と雌鳥(愛称・ポンスニ)の新たなペアは、巣に伏せている時間から3…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです