メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きものでぶらり

伝統文化と歴史、風情親しむ 光市室積に着物姿の女性ら130人集う /山口

 江戸時代に北前船の寄港地として繁栄した光市室積の「海商通り」を着物姿で歩いて楽しむ「きものでぶらりinむろづみ」が14日、通り沿いの研修施設「アイランドアカデミー」と周辺であり、着物の愛好者ら約130人が参加した。

 瀬戸内有数の港町だった当時の面影を残す通りを着物姿で散策し、着物の魅力と伝統文化を再認識してもらおう…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです